ダイエット

貧相な身体にならない、40代ダイエットのポイント3選

こんにちは😊
アラフォーダイエットライターのtommyです。

今回は、10kg痩せて貧相バディになった私の失敗談と復活劇を…

 

ダイエットに成功したものの「満足いく身体」にならなかった。貧相で色っぽくない身体になってしまったのです…

貧相で色っぽくない身体に見えた理由は、
・肋骨が浮いている
・バストがしぼんでいる
・お尻がしぼんでいる
・太もものムチムチさがない

このあたりかと思われます…

現在は、理想形にはまだまだですが、貧相さはリカバーできました☺️ そこから見出した、アラフォー世代のダイエットで注意すべきポイント3つをご紹介します。

1.「目標体重の設定」を誤らないこと

私は身長153cmで、20代前半まで40kgくらい、そこから徐々に増量してアラフォーでMAX54kgに。では、目標体重は何kgに設定すべきだったのでしょうか?

ダイエット当初、明確には目標体重を決めておらず「47kg台まで落とせれば十分」くらいに思っていました。

しかし、予想以上に体重は順調に落ち、次は45kg、次は43kgと欲張った結果、MIN42.6kgで、MAXからマイナス11.6kg。フタを開けてみると、しぼんだ貧相バディになっていたというオチです。

20代と40代、同じ体重でも同じ体型にはならない

当たり前のことなのですが、20代の自分と同じ体重になっても、同じ体型にはならない、ということを痛感しました。悲しいけれど。

全体的に下がっていることもありますし、肌のハリ・ツヤが減って、色素沈着やくすみもあるので貧相な印象になるのは当然です。

目標設定の大前提は、次の2つだと思います。

・安易に、自分の若かりし頃の体重を目標にしない
・順調に落ちるからといって、体重を落としすぎない

目標体重の設定方法とは?

前提を踏まえ、では目標体重をどう定めるか?身長にBMI値を掛けて目安とする体重を算出する方法があります。よく言われる「健康体重」「美容体重」など。

算出方法は「身長(m)×身長(m)×BMI値」で、BMI 値を入れ替えてそれぞれの目安を出します。

「標準体重」・・・BMI値22(統計的にもっとも病気になりにくい体重とされる)
「美容体重」・・・BMI値20(外見的にスリムと言われる体重)
「モデル体重」・・・BMI値18(さらに細身でモデルや女優に多い体重)

例えば158cmの人の「標準体重」は「1.58×1.58×22=54.9kg」「美容体重」は「1.58×1.58×20=49.9kg」となります。

※BMI値18を「シンデレラ体重」と呼ぶこともあります

では、153cmアラフォーの私の場合、それぞれの体重でどのような印象だったかを振り返ってみます。

(私の「モデル体重」だと正しくは42.1kgですが、MIN時の体重の印象です)

「標準体重」・・・51.4kg
→見た目は明らかに小太り。身長に合わせたサイズの服は常にパツパツ

「美容体重」・・・46.8kg
→太っても痩せてもいない標準的な印象。服はキレイに着られる。裸体の貧相さも気にならない

「モデル体重」・・・42.6kg
→細身な印象。服はキレイに着られる。裸体の貧相さが気になる

「服がスッキリ・キレイに見える」「裸体が貧相に見えない」というバランスから、46kgあたりがアラフォーの私のベスト体重と考えます。つまりBMI値は20です。

仕上がりは個人の好みですが、アラフォーの痩せ過ぎは美容面のデメリットも多そうです。身体の状態をみながら、まずはBMI値20あたりを目標とするのが良いのではないかと思います。

2. 筋トレは必須。貧相バディのリカバー法

胸、肩、腕に筋肉がつき、メリハリが出て貧相さが軽減されました

 

ダイエット開始から約1年。しぼんだ身体にもっと筋肉が必要と痛感。宅トレに限界を感じて、ついにジムに移行しました。

宅トレではなかなか難しかった胸、肩、腕の筋トレをジムで開始。胸板の厚みが出て貧相感が軽減し、肩・腕を鍛えることで、シルエットがシャープになりました。

(肩トレがお気に入り。肩幅が出ることで、ウエスト細見え&小顔に見える視覚効果があります)

私が思う、貧相バディを回避する筋トレのポイントは次の通りです。

・下半身トレで波に乗ったら、上半身トレも取り入れる
・肩幅が気にならない方には、肩トレもおすすめ(視覚効果)
・効かせ方が難しい上半身トレは、ジムのマシンがおすすめ

3.微乳の美乳には「保湿」が大切

バストは脂肪でできているので、痩せてサイズダウンするのは仕方のないこと。気になったのは、小さくなったというより「しぼんだ」見た目と、バストトップの色が濃くなったことです。

風船は、しぼむと色が濃く見え、膨らむと薄く見える。バストトップの色も同じかと…

 

風船と同じように、胸がしぼむことでバストトップの色素が密集して濃く見えることに気づきました。

そこで、上半身の筋トレと一緒に始めたのが「バストの保湿」です。きちんとバストケアされている方も多いですが、私は正直無頓着でした。乾燥すると「くすみ」「色素沈着」にもなるので、顔のお手入れの延長で、毎日バストも保湿するようにしました。

とにかく簡単で続けやすいことを第一に、バスト専用品ではなく、顔と同じ基礎化粧品をそのままバストに使っています。それでも続けると効果は明らか。バスト全体がしっとり・もっちりして、バストトップの色も薄くなりました。

まとめ:痩せて貧相にならないポイント

・痩せすぎ注意。まずはBMI値20で身体の状態を見る
・上半身もしっかり鍛える
・バストの保湿をする

太って恥ずかしい身体から、痩せて恥ずかしい身体になったとき、「いや、どうせよと⁉︎」と腹立たしい気持ちにもなりましたが…

なりたい自分がいるなら、それに向けて努力するしかない。そして、努力した通りのカタチになるのが自分の「身体」です。

貧相になりたくないダイエッターの方に、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました😊